これからのグローバル化社会を生き抜くために役立つ英会話

頑張る人を応援する英会話教室の探し方

グローバルに対応

英会話レッスンでは、先生と生徒の間で英語を用いて実践的な会話を行うので効率的に知識を身につけることができる。英会話で使用される英語とは、ゲルマン語派の1つである。更に詳しく説明すると、ゲルマン語派の中でもこれは西ゲルマン語群に属し、主にイングランドで発展した言語である。現代では、英語は国際共通語となっており国際連合と欧州連合の公用語ともなっている。このような事からも、イングランドだけでなく多くの国によって使用がされている。例えば、アメリカ合衆国、オーストリア、カナダもそれに含まれる。

日本人は世界的に見ると、英会話に弱い人種であるとされている。例えば、それはTOEFLの国別平均得点順位と受験者数のデータからも分かる。そのデータによると、日本では受験者数が約7万人でありその順位は25位となった。それに対し、同じく受験者数が約7万人のインドの順位は4位となっているのである。また、アジア諸国の英語力ランキングでは日本は30カ国のうち27位となっている。日本人が英会話に弱い理由の1つに、日本が島国であるという事がある。それにより、英語を必要とする機会も少ない。また、語学留学を行うにしても国によれば海を渡らずにそれを行う事ができる。しかし、日本の場合は語学留学を行うとなると海を渡りそれにかかるお金を用意する事が必要である。このような環境も、日本人が英会話に弱い理由の1つともなっている。